ヨーグルトで便秘対策

ヨーグルトで便秘対策

便秘対策なら、ヨーグルトを食べる方法はおすすめです。
とくに、ヨーグルトは、若い女性や主婦に人気が高く、
朝食にはいつもヨーグルトを食べる人も多いようですね。

 

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌、クロレラ菌など
腸内環境に善玉菌を増やしてくれる優良な菌が豊富に含まれています。

 

ヨーグルトには、固形タイプで砂糖入り、砂糖なし(プレーンタイプ)、
ドリンクタイプ、サプリメントなどいろいろあります。

 

ヨーグルトを食べるのはいいけど、糖質を摂取するのはちょっと・・・という方は、
ドリンクタイプよりも固形タイプ、またはサプリメントなら低カロリーで安心です。

 

ヨーグルトを食べるタイミングは、朝でも良いですが、
夜寝る前に食べると、寝ている間に腸内環境をキレイにしてくれます。
慢性的な便秘の人は、できれば朝夜1日2回食べると良いでしょう。

便秘解消に良いヨーグルトの食べ方

便秘対策にヨーグルトを食べるのが良いと言われていますが、
ただそのまま食べるのはちょっと味気ないですよね。

 

固形タイプのプレーンヨーグルトだと、糖質が入っていないので
そのまま食べても、あまりおいしさが感じられません。

 

そこで、オリゴ糖シロップをかけて甘味をつけて食べることをおすすめします。
オリゴ糖には、食物繊維が豊富に含まれていて、ヨーグルトの
乳酸菌やビフィズス菌との相乗作用で、腸内環境をスッキリ! 
キレイにしてくれるので期待大!ですね。

 

固形タイプのプレーンヨーグルトに少しオリゴ糖シロップをかけて、
あとはお好みのフルーツを添えて食べると、
ビタミンやミネラル成分も摂取できるのでおすすめです。

 

ヨーグルトは、1日に200gは摂取するのが望ましいと言われているので、
ふだんの食生活の中で積極的に取り入れると良いでしょう。